Repertoire Genesisや東海大学など、COVID-19の重症化因子マーカーを特定へ

 免疫細胞の多様性解析に強みを持つRepertoire Genesis(大阪府茨木市)は2020年6月8日、東海大学医学部の椎名隆教授(基礎医学系分子生命科学)を研究開発代表者として実施する「ハイリスク患者選別のためのCOVID-19ウイルス抗原特異的免疫応答の網羅的評価法の開発」に参画すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)