米CSL社と米研究機関、原発性免疫不全症に遺伝子治療を開発へ

 米CSL Behring社と米Seattle Children's Research Institute は、2020年6月2日、原発性免疫不全症に対する幹細胞遺伝子治療の開発を目指して、戦略的提携を結んだと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)