徳島大発ゲノム編集のセツロテック、シリーズAで4億6600万円調達

 ゲノム編集受託サービスを提供する徳島大学発ベンチャーのセツロテック(徳島県徳島市、竹澤慎一郎代表取締役)が、総額4億6600万円の第三者割当増資による資金調達を実施したと、2020年6月2日に発表した。研究開発環境を整備し、アジアなど海外での事業展開を強化する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)