米Regeneron社、米Intellia社とCRISPR/Cas9を用いたゲノム編集療法の提携拡大へ

 米Regeneron Pharmaceuticals社と米Intellia Therapeutics社は、2020年6月1日、約4年前に締結したCRISPR/Cas9ベースのゲノム編集療法の提携契約を拡大延長するとともに、血友病A、血友病Bを対象とする共同開発を推進すると発表した。Regeneron社は6年間だった契約期間を2024年4月まで2年延長するオプション権を取得し、Regeneron社が保有可能なライセンスは10品目から15品目に増える。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)