日本イーライリリー、「10年で20個の承認」計画は順調

 米Eli Lilly社の日本法人である日本イーライリリーは、2020年6月2日にWebを通じた記者会見を開催した。米国本社の計画では2014年から10年で20個の新薬承認を目指しており、日本でも2019年3月31日時点で8個と、順調に開発が進んでいることを報告した。またグローバルのパイプラインを100%カバーして開発を進めているなど日本市場を重視した開発戦略を説明した他、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対しては治療薬開発で6月中にも試験結果を得られるとし、国内での医薬品提供に貢献する姿勢をアピールした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)