deleteC、がん治療を研究テーマとした公募を開始

 特定非営利活動法人であるdeleteCは2020年6月1日から、がん治療を研究テーマとした公募を開始した。2019年9月に設立された「deleteC」は、「がんを治せる病気にしたい」という目標を掲げてがん患者らが設立した。公募は昨年度に続き2回目で、1件100万円以上の研究費を2件選出する予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)