製薬協中山会長、ポストコロナ「国民の自由と規制」の議論を

 製薬企業は、治療薬やワクチンなどの研究開発の担い手となる一方、医療に必要な医薬品の供給者としての責任を負っている。研究開発型の製薬企業の業界団体である日本製薬工業協会(製薬協)は、新型コロナウイルスの感染拡大の経験を経て、6月にも政府に政策提言を行う方針だという。ポストコロナ時代に何を求めるのか。製薬協の中山讓治会長に聞いた(インタビューは5月22日に実施)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)