厚労省第一部会、田辺三菱とGSKのHIF活性化薬の承認など了承

 厚生労働省は2020年5月29日、薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会をWeb会議形式で開催。田辺三菱製薬の低酸素誘導因子(HIF)活性化薬である「バフセオ錠」(バダデュスタット)など6品目の新規承認と、2品目の一部変更承認などが了承された。順調に進めば6月中に承認される見込みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)