阪大や新潟大、ポリグルタミン病に既存薬のL-アルギニン投与する医師主導治験へ

 大阪大学、新潟大学、国立精神・神経医療研究センター(NCNP)などの研究グループは、既存薬のL-アルギニンが、化学シャペロンとして作用し、ポリグルタミン病の異常伸長ポリグルタミン蛋白質のβシート構造への移行を抑制する効果を持つことを確認して、研究成果を英Brain誌に報告した。同研究グループは、2020年5月27日にオンラインで記者会見を開催し、ポリグルタミン病の1つである、脊髄小脳失調症(SCA)6型を対象として、EAファーマの「アルギU配合顆粒」(L-アルギニン・L-アルギニン塩酸塩顆粒)を投与する医師主導治験(第2相相当)を2020年内にも開始する計画を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)