IQVIAジャパン、2020年第1四半期の国内医薬品市場は0.6%増と発表

 IQVIAジャパンは2020年5月26日、2020年第1四半期(1月-3月)の国内市場における医療用医薬品の売上高(薬価ベース)データを発表した。国内市場は2兆4915億円(前年同期比0.6%増)で、新型コロナウイルス感染症による影響は一部にとどまり4四半期連続で市場は拡大した。売上高トップ3はいずれも抗がん薬の「キイトルーダ」「アバスチン」「オプジーボ」となり、オプジーボは3カ月前の2019年第4四半期(10月-12月)で7位だったところ、3位に浮上した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)