塩野義、AD薬開発の米Tetra社を買収

 塩野義製薬は2020年5月26日、アルツハイマー型認知症や外傷性脳損傷などの治療薬開発を手掛ける米Tetra Therapeutics社(Michigan州)について、全株式を取得して完全子会社化すると発表した。買収金額は公表していない。同社が重要領域として掲げる中枢神経系疾患の分野を強化するのが狙いで、獲得したパイプラインの国内での開発を進めるとともに同社の研究開発力を創薬に生かしたい考えだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)