KAICOが新型コロナの抗体検査キット開発を開始、資金調達累計3億円

 九州大学発ベンチャーのKAICO(福岡市西区、大和建太代表取締役)は、FFGベンチャービジネスパートナーズ、九州広域復興支援投資事業有限責任組合、東京センチュリー他を引受先として、2億6000万円の第三者割当増資によりシリーズAラウンドの資金調達を2020年5月22日に実施したと、5月25日に発表した。2018年10月に実施したシードラウンドと合わせて累計資金調達額は3億円になった。





この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)