米Vir社、新型コロナに対する抗体医薬の創薬研究成果を公表

 米Vir Biotechnology社は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として開発中の抗体医薬について、候補品の起源となったヒトモノクローナル抗体S309の解析結果を2020年5月18日のNature誌オンライン版で発表した。英GlaxoSmithKline(GSK)社と2020年4月に締結した契約に基づき、S309を基に創製した抗体候補VIR-7831、並びにVIR-7832の臨床試験の準備を進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)