厚労省第一部会、ノバルティスのMS治療薬の承認などを了承

 厚生労働省は2020年5月22日、4月17日から電子メールによる持ち回りで進められた薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会の結果を公表。ノバルティスファーマの多発性硬化症(MS)治療薬「メーゼント錠」(シポニモド)と、慢性心不全治療薬の「エンレスト錠」(サクビトリルバルサルタン)の2品目の承認などを了承した。議決日は5月21日。早ければ6月中に承認される見通しだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)