ミトコンドリアALAのネオファーマ、東大定量研に社会連携部門を開設

 アラブ首長国連邦(UAE)に本社があるNeopharma社のグループ会社であるネオファーマジャパン(東京・千代田、河田聡史代表取締役)が、東京大学定量生命科学研究所(東大定量研/IQB、白髭克彦所長)に社会連携部門「ALA先端医療学」を2020年4月に開設した。設置期間は2023年3月までの3年間で、経費総額は1億5000万円。谷憲三朗特任教授が研究室を率いる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)