ニプロ、約300億円投じて再生医療等製品の製造体制整備

 ニプロは2020年5月20日、2020年3月期の決算発表を行った。売上高は前年同期より3.8%増加の4425億円、営業利益は10.9%増の264億円だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で株式市況が悪化したことを受けて、減損処理による投資有価証券評価損として298億7700万円を計上したことから、親会社株式に帰属する当期純利益は前年同期より244億円減って123億円の赤字に転落した。期末配当金は無配となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)