サントリーと旭化成、富士フイルム、NTT、東大医に「ロコモ予防学」社会連携講座

 サントリーウエルネスと旭化成ファーマ、富士フイルム、NTTの4社は、東京大学大学院医学系研究科に社会連携講座「ロコモ予防学」を2020年4月に設置した。設置期間は2023年3月までの3年間で、経費総額は1億500万円。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)