米Moderna社、新型コロナワクチンの第1相の中間解析のデータ詳細

 米Moderna社は、2020年5月18日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するmRNAベースのワクチン(開発番号:mRNA-1273)の第1相臨床試験の中間解析で前向きな結果が得られたと発表した。同発表を受け、経済活動再開への期待感から、ダウ平均株価は大幅上昇した。ただし、今回の発表は、安全で有効なワクチン開発に向けた初期段階。今後、第2相臨床試験で投与量を決定し、多数の被験者を対象とした第3相臨床試験で予防効果を検証する必要がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)