タカラバイオ、今後3年間で2品目のCAR-T療法の治験開始へ

 タカラバイオは、2020年5月18日、2020年3月期通期の決算説明会をオンラインで開催し、「長期経営構想2025」や「中期経営計画2022」について説明した。その中で、中期経営計画の3年間のうちに、2品目の新規キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の企業治験を始める方針を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)