イスラエルGamida社、血液がんに対する幹細胞製剤の第3相で生着促進効果

 イスラエルGamida Cell社は2020年5月12日、骨髄移植に用いる幹細胞製剤omidubicel(製品名:NiCord)の血液がん患者を対象とする第3相試験(NCT02730299)の最新データを発表した。主要評価項目である好中球の生着を有意に促進したことが確認された。同社は、最終結果を2020年後半に学会報告し、2020年の第4四半期中に、米食品医薬品局(FDA)への生物学的製剤承認申請(BLA)を行う意向だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)