エーザイ、開発中止の敗血症薬をコロナで治験

 エーザイは2020年5月13日、2019年度決算説明会をオンラインで開催した。以前に敗血症治療薬としての開発を断念したエリトランをCOVID-19治療薬として開発する考えを明らかにした。順調にいけば2020年末にも結果が出る見通し。売上収益は、抗がん薬の「レンビマ」(レンバチニブ)が大幅に伸長したことで前年度から528億円の増収となり、営業利益は393億円の増益を達成している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)