Delta-Fly Pharma、2020年3月期はがん微小環境アルカリ化薬でライセンス契約

 Delta-Fly Pharma(DFP)は、2020年5月15日、2020年3月期通期の決算説明会を電話会議方式で開催。江島清社長は研究開発の進捗を報告した。同社は2020年3月に、固形がんを対象に開発中の腫瘍微小環境アルカリ化薬DFP-17729(開発番号)に関して、日本ケミファに対して日本国内における独占的な製造権と販売権を付与するライセンス契約を締結した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)