大正製薬、医療用医薬が5年間で売上高半減へ

 大正製薬は2020年5月15日、電話による2020年3月期決算説明会を開催した。一般用医薬品は企業買収などにより増収だったものの、医療用医薬品は2桁台の減収となった。また2021年3月期の医療用医薬品の売上高は主力品の特許切れによってさらに落ち込み、5年前の2016年3月期と比べてほぼ半減となる見込み。パイプラインの導入による製品群強化が急がれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)