FDA、新型コロナ診断に自己採取した唾液検体でのPCR検査を初めて緊急使用許可

 米食品医薬品局(FDA)は2020年5月8日、自己採取した唾液を検体とする新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診断のPCR検査に緊急使用許可(EUA)を適用したと発表した。唾液を検体とするPCR検査へのEUAは初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)