武田薬品のWeber社長、Shire社との合併効果に手応え

 武田薬品工業は2020年5月13日、2020年3月期の業績を発表した。アイルランドShire社の買収後初となった通期の決算発表では、売上収益は前年同期を57%上回る3兆2912億円となった。財務ベースの営業利益は前年同期よりは58%の減少となったが、2020年2月に発表した業績修正時の値を大きく上回って1004億円となった。コア営業利益も、2月に発表した業績修正を1.3%上回り、対前年同期比では110%増の9621億円となった。当期利益は前年同期より67.3%減少したものの、赤字の予想だったのが442億円の黒字となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)