ゾルゲンスマの薬価は国内最高額、中医協総会が1億6707万円で了承

 厚生労働省は、2020年5月13日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催。2020年3月に、脊髄性筋萎縮症(SMA)に対する遺伝子治療用製品として承認された「ゾルゲンスマ点滴静注」(オナセムノゲンアベパルボベク)の薬価について、1億6707万7222円で薬価収載することが了承された。国内で最高額の薬価となった。ただし、SMAは指定難病であり、市場規模は限られているとみられる。中医協の公開資料にはピーク時の予想投与患者数は25人で予想販売金額は42億円と記載されている。5月20日に薬価基準に収載される予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)