大日本住友製薬、「核酸医薬は1つのプログラムで特定疾患に方向性」

 大日本住友製薬は、2020年5月13日、2020年3月期通期の決算説明会を開催。ユニバーサルインフルエンザワクチンなど感染症領域への取り組みや、核酸医薬の創薬への取り組みなどについて明らかにした。中でも核酸医薬については、「現在進行中の1つのプログラムで、特定の疾患に対して方向性が見えてきているところ」(木村徹取締役)だという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)