シスメックス、高感度な新型コロナの抗原・抗体検査を開発中

 シスメックスは、2020年5月13日、2020年3月期の決算説明会を電話会議で開催。同社の蛋白質測定装置「HISCL」を用いた、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原検査、抗体検査に加え、サイトカインストームの発症リスクを予測するための検査の開発を進めていることを明らかにした。臨床性能試験や研究用途での提供などを経て、いずれも承認取得を目指す方針だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)