米PTC社、米Censa社買収でフェニルケトン尿症の治療薬候補を獲得

 米PTC Therapeutics社は2020年5月6日、米Censa Pharmaceuticals社を買収し、第3相試験目前まで進捗しているフェニルケトン尿症(PKU)治療薬候補CNSA-001(一般名:sepiapterin dihydrochloride、製品名:Kuvan)を獲得したと発表した。同買収契約は両社の取締役会に承認され、取引は2020年第2四半期に完了する見込みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)