米AVROBIO社と米Magenta社、遺伝子治療の前処置に抗体薬物複合体を評価へ

 米AVROBIO社と米Magenta Therapeutics社は、2020年5月6日、AVROBIO社のレンチウイルスベクターを用いた遺伝子治療を受ける患者に対する前処置として、Magenta社が開発しているCD117標的抗体薬物複合体(ADC)のMGTA-117(開発番号)を投与するため、評価を行うと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)