米Merck社、新型コロナへの感染の機序解明へ研究に協力

 米Merck社と米Institute for Systems Biology(ISB)は、2020年4月27日、新たな研究協力契約を結んだと発表した。目的は、ISBと、米ワシントン州シアトル地域の大規模医療システムであるSwedish Medical Centerなどが先ごろ開始した、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染の分子的機序を解明し、予後予測マーカーを同定、治療薬とワクチンを開発するための標的を明らかにする取り組みにMerck社が資金を提供し、標的の分析を支援することにある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)