スイスMolecular Partners社、新型コロナに三重特異性分子を開発

 DARPin(Designed ankyrin repeat proteins)技術を用いて、治療用蛋白質を開発しているスイスMolecular Partners社は、2020年4月20日、単一特異性のある新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬候補を複数同定し、それらを組み合わせて、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のスパイク(S)蛋白質の3領域を標的とする三重特異性DARPin分子を開発したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)