栄研化学、新型コロナの検出用試薬は1カ月当たり20万検査分の供給目指す

 栄研化学は、2020年4月28日、2020年3月期決算説明会を電話会議形式で開催。同社が2020年4月に体外診断用医薬品として発売した「Loopamp新型コロナウイルス2019(SARS-CoV-2)検出試薬キット」や、呼吸器感染症の検査に用いる小型全自動遺伝子検査システム装置の「Simprova」について説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)