ルクサナバイオテク、大日本住友と神経疾患のアンチセンス薬を創製へ

 ルクサナバイオテク(大阪府吹田市、佐藤秀昭社長)は、2020年4月24日、大日本住友製薬と進めてきた共同研究を拡張し、複数の難治性神経疾患を対象に、複数の遺伝子を標的とした核酸医薬の創製を進めることで合意したと発表した。ルクサナバイオテクにとっては、日産化学、非公表の2社に続く、4社目の共同研究契約になるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)