東大医科研井上氏、「新型コロナ治療薬は複数の標的に対して探索を検討する」

 東京大学医科学研究所の井上純一郎教授らの研究チームは、膜融合測定系という独自のアッセイ系を用いて、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のヒト細胞への侵入を阻害する薬剤を探索。日本で「膵炎の急性症状の改善」などの効能・効果で承認されているナファモスタットを同定した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)