新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全世界で猛威を振るっている。欧米だけでなくアフリカ大陸でも感染が拡大、1日当たり数千人が死亡する状況が続いている。COVID-19はいつ、どのような形で収束に向かっていくのであろうか。そして収束後はどのような社会が待っており、経済はどう回復していくのか。現時点の情報に基づく分析を行った。

日経バイオテク×日経メディカル共催 緊急オンラインセミナー
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)征圧への道
2020年 5月 30日(土) 10:00~12:30
https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/med/200530/

COVID-19のまん延は何が課題なのか

 COVID-19の収束シナリオを論じる前に、基本的な情報共有をしておきたい。寄稿の第1回目は、COVID-19はなぜここまで感染が拡大し、世界中で猛威を振るっているのかを確認しておきたい。

 まず挙げられるのはその感染力である。現在判明しているCOVID-19の基本再生産数(R0)は1.4から2.5とされ、通常の季節性インフルエンザと同程度と考えられている。この数値は同じコロナウイルスである重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスや中東呼吸器症候群(MERS)よりも高いが、麻疹(12から18)と比較すると、そこまで強くないように思われる。

 しかしCOVID-19の厄介なところは、無症状・軽症の感染者が全体の8割程度いるとされており、そうした感染者からも感染する点だ。SARSやMERSでは行動力が低下した発症者からの感染が主であり、無症状・軽症の感染者が動き回って感染拡大することはまれであった。さらに、COVID-19は症状発現の直前が感染力ピークを迎えているとのデータも報告されており、無症状・軽症の感染者によるウイルスの広まりが今の事態を招いたといえる。

 加えて、高い重症化率・致死率を持っている点も問題を大きくしている。国ごとにばらつきはあるが、全世界平均で見ると致死率は平均6.7%となっている(2020年4月17日現在)。これはSARSの9.6%よりは若干低いものの、高い致死率である。また、糖尿病や慢性肺疾患などの基礎疾患を持つ人や高齢者の重症化率や致死率が高いことは当初から確認されていたが、基礎疾患が無い若年層の重症化例・死亡例も確認されており、社会的不安を助長している。

 このような性質を持つCOVID-19だが、感染拡大による課題は大きく3つに分けられる(図1)。

画像のクリックで拡大表示

医療資源が不足しやすい

 1点目の課題としては、医療資源の不足が挙げられる。COVID-19による肺炎が重症化した場合、呼吸困難に陥ることがある。そのため呼吸を補助する人工呼吸器や、肺の役割を代替する体外式膜型人工肺(ECMO)が必要となってくる。重症患者が増加するに伴いこれらの機器もそれに対応した台数が必要になるが、爆発的な患者増加(オーバーシュート)が起こるとこれらの機器が不足する懸念が出てくる。

 医療従事者の個人用防護具(PPE)についても同様だ。感染防止のために医師・看護師はマスク、ガウンなどのPPEを着用するのだが、PPEはCOVID-19患者を治療するたびに使い捨てが基本である。これらが不足してしまうと、医療従事者が感染のリスクにさらされることになり、治療に支障が出る。

 医療機器や資材だけでなく人員も不足する。COVID-19の重症例は集中治療室(ICU)に入ることになるが、例えば通常の疾患ではICUにおいて患者2人に対し看護師1人で対応するところ、COVID-19の場合は感染防御の観点から患者1人に対し看護師2人で対応することになり、通常疾患の約4倍必要になる。ECMOを扱う専門的な知識を持つ医師も必要だ。

 医療資源が不足するとCOVID-19感染者だけでなく、様々な傷病の治療ができなくなり医療が崩壊してしまう。そのため、医療資源の不足をいかにして防ぐか、各国政府は難しい対応を迫られている。

バイオの専門情報が毎日届くメルマガ(無料)の登録はこちらから
「日経バイオテク」の無料試読のお申し込みはこちらからお進みください。

患者がどこにいるか分からない

 2点目の課題としては、患者が可視化されていない点が挙げられる。前述のようにCOVID-19は無症状者が8割程度いると推察されており、検査をしない限り全体の感染者数が見えない。ただし、やみくもに検査対象を広げればいいわけではない。現在、PCR検査に加えて抗体検査が開発されているが、十分な感度・特異度を有する検査方法は無い。そのため、検査前確率を絞らない限りは偽陽性者が多く出てしまい、社会的混乱を拡大してしまう懸念がある。また、基本再生産数を大きく超えた感染爆発を引き起こすスーパースプレッダーの存在も判明しており、感染経路が不明な感染者が急増して封じ込めなどの戦略が取れない状態になっている。

感染拡大を防ぐ方法が限られる

 3点目の課題としては、感染拡大を防ぐ方法が限定的である点が挙げられる。現在世界各国で様々な治療薬・ワクチンが開発されているが、本稿執筆時点(2020年4月16日)において大規模臨床試験で有効性が証明された治療薬・ワクチンは無い。そのため、感染拡大の制御方法としては、外出規制などヒト・ヒト間の接触を制限するような対症療法的措置しか手段が無い。例えば、中国においては厳しい外出禁止令が発令され、徹底的な監視の下で都市封鎖を実施し、強制的にウイルス感染の機会を断つ方法が選ばれた。個人のスマートフォンで健康管理・感染者追跡を実施し、感染の疑いがある人には外出許可を与えないなど、非常に強権的な措置が取られている。欧米諸国でも、中国ほどではないが都市封鎖や店舗封鎖を実施している他、国民に外出制限を課して違反者には罰金を科すなどの対策を行っている。

 一方、日本においては外出を政府が制限することはできず、あくまでも外出自粛要請という形での実施にとどまる。規制の程度は違うものの、外出規制は資本主義経済が前提としていた個人の自由な活動を阻害するため、経済へのインパクトが大きく、現在の社会システムにおいて永続的に続けられる策ではない。そのため、ワクチン開発などによる根本的な感染拡大制御策が求められている。

 次回はCOVID-19の治療薬とワクチンの見通しについてまとめる。