米Amgen社、多重特異性薬剤が創薬の新パラダイムに

 米Amgen社は多重特異性薬剤が新しい創薬のパラダイムと捉えているようだ。同社グローバルリサーチ担当上級副社長(Senior Vice President, Global Research)のRaymond Deshaies氏が2020年4月15日発行のNature誌に、「多重特異性薬剤が、バイオ医薬品イノベーションの新時代を予言」と題する論文を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)