積水化学とINCJ、可燃性ごみをエタノールに変換する合弁会社を設立

 積水化学工業は2020年4月16日、微生物触媒を活用して可燃性ごみをエタノールに変換する技術を事業化する合弁会社「積水バイオリファイナリー」を設立したと発表した。資本金は77億4000万円で、積水化学が66%、経済産業省が所管する官民ファンドINCJ(旧産業革新機構)が34%出資する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)