FDA、米Rutgers大学が開発した新型コロナウイルスの唾液の採取法を承認

 米Rutgers大学は2020年4月13日、米食品医薬品局(FDA)から、同大関連でバイオバンクを運営するRUCDR Infinite Biologics(RUCDR)とその共同研究者に対し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の一次スクリーニング向けの唾液の新たな採取法について、緊急時使用許可(EUA:emergency use authorization)が得られたと発表した。連邦政府機関によるこのような承認は初となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)