武田薬品工業とToMMo、1万人規模の全ゲノム情報を解析し創薬に活用へ

 武田薬品工業は、2020年4月15日、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)と共同研究契約を締結したと発表した。今後ToMMoは約1万人の健常者を対象に全ゲノムを解析。武田薬品は解析から得られた全ゲノム情報に1年間、優先的にアクセスできる。ゲノム情報や、そこにひも付いた健康情報などを総合的に解析し、創薬につなげる考えだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)