第一三共、名古屋工業大と網膜色素変性の遺伝子治療で共同研究

 第一三共は、2020年4月13日、名古屋工業大学と網膜色素変性を対象に、新規光応答性蛋白質を用いた遺伝子治療の共同研究を開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)