イーベック、検査用と治療用の抗体作製に着手へ

 北海道大学発ベンチャーのイーベック(北海道札幌市、土井尚人社長)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染、治癒した患者の血液を基に完全ヒトモノクローナル抗体を作製する研究を開始した。土井社長が本誌の取材に対して明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)