米Gilead社とSecond Genome社、炎症性腸疾患の創薬で戦略的提携

 米Gilead Sciences社(Gilead社)と米Second Genome社は、2020年4月6日、炎症、線維症、その他の疾患について、Gilead社のパイプラインにある化合物から最大5個の臨床的奏効に関連するバイオマーカーを特定するとともに、炎症性腸疾患(IBD)の治療において新たなターゲットと薬剤候補を特定するため、4年間の戦略的提携を結んだと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)