キノコの免疫チェックポイント阻害物質を相次ぎ同定

 静岡大学農学部と三重大学医学部、岩出菌学研究所(三重県津市、隅谷利光代表取締役、以降「岩出菌研」と略記)が、免疫チェックポイント阻害活性を示すキノコ成分を同定した成果を学会や論文で2020年春に相次ぎ発表した。体験的にがんの消失効果などが知られるキノコ類の作用機序の解明や健康機能訴求製品の品質管理、さらには免疫チェックポイント阻害活性を持つ低分子化合物の開発に寄与し得る成果といえそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)