米Aspen社、資金調達しパーキンソン病に自家細胞移植開発へ

 パーキンソン病を対象とする世界初の自家細胞移植治療を開発している米Aspen Neuroscience社は、2020年4月1日、シリーズAで7000万ドルを調達したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)