米Akero社、Fc-FGF21融合蛋白の第2a相試験でNASHに有効性示唆

 米Akero Therapeutics社は、2020年3月31日、現在進行中のAKR-001の第2a相臨床試験(BALANCED試験)で、AKR-001を投与された非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の肝脂肪量が有意に低下したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)