Neurimmune社とEthris社、新型コロナにmRNAベースの吸入薬開発へ

 スイスNeurimmune社とドイツEthris社は、2020年4月1日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の吸入治療薬を共同開発すると発表した。Neurimmune社の免疫グロブリン配列解析に基づく抗体創製の基盤技術、Ethris社のmRNA創製・送達の基盤技術を組み合わせ、COVID-19から回復した患者検体を用いてmRNAベースの抗SARS-CoV-2中和抗体の創製を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)