独InflaRx社、新型コロナ肺炎に抗ヒト補体C5a抗体の臨床試験開始

 ドイツInflaRx社は2020年3月31日、抗炎症薬として開発中の抗ヒト補体因子C5aモノクローナル抗体IFX-1を、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により肺炎を呈した重症患者1例に初めて投与したことを明らかにした。オランダの当局から臨床試験の実施を認められ、Amsterdam University Medical Centersで患者登録を開始した。今後ドイツなど欧州各国でも順次開始する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)