住友化学、合成生物学ベンチャーの米Conagen社に32億円を出資

 住友化学は2020年4月2日、組換え微生物を利用した天然由来の機能性物質の生産などを手掛ける米Conagen社に、3000万ドル(約32億円)を出資したと発表した。住友化学のConagen社に対する出資比率は約4%。住友化学は化学品の研究開発で培ったノウハウとConagen社の合成生物学の技術を応用し、化学合成が難しかった機能性物質の開発を進める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)