ユーグレナ、石油由来の燃料を代替可能なバイオディーゼルの販売を開始

 ユーグレナは2020年3月31日、いすゞ自動車と共同で研究開発を進めてきたバイオディーゼル燃料が完成し、いすゞ自動車へ供給(販売)したと発表した。開発したバイオディーゼルは車両のエンジンに負担をかけにくく、石油由来の軽油を代替できる。2020年4月1日から、いすゞ自動車の社員などが、いすゞ藤沢工場と湘南台駅の間で利用するシャトルバスで燃料として利用が開始された。ユーグレナは、近日中に他の企業に対しても販売を開始するとみられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)